活動方針・組織構成

会長挨拶

第70代会長 林 正岳

国際ロータリー第2650地区
福井ロータリークラブ
2019-2020年度
第70代会長 林 正岳

 2019-20年度、福井ロータリークラブの70代会長を務めさせていただきます林正岳です。福井県のフラッグシップ・クラブとしての、「伝統と革新」を守りつつ、楽しく、皆が愛せるクラブに成るよう1年間頑張っていきたいと思います。皆様のお力添えを宜しくお願い申し上げます。

 RIでは、インターネットの発達と拡大による社会構造の急激な変化に対し、ロータリーが上手く対応できるかどうかに、強い危機感を抱いているようです。
 その現れとして、2016の規定審議会の革新的変化には、例会の在り方、家族との時間の在り方を執拗に採り上げています。本年度は3年毎の次の規定の変更時期でもあります。
 世界情勢が混乱している中で、多様性の許容と、繋がりが求められています。

 RIは、中核的価値観として、①親睦(人類に奉仕) ②高潔性(倫理性と高い職業水準) ③多様性(地域の専門性の集まり) ④奉仕(クラブの活動) ⑤リーダーシップ(世界的指導性) を提唱しています。時代による変化の中でも中核的価値観だけは変えることなく、あくまでもその範囲内で柔軟に対応しつつ、持続可能な良い変化を生むために人々が手を取り合って行動する事が望まれています。
 伝統の中から、新しいものを見つけていく必要があるのでしょう。

当クラブは、財団の地区補助金事業として、「子供の貧困支援事業」を継続しています。1昨年からの、「フォーラム」、「インターンシップ」に引き続き、「就業支援」に繋げていきたいと考えています。
 小生を含め、皆さんが、福井ロータリークラブを好きになり、さらに愛せるようなクラブにならんことを祈念して、1年間宜しくお願い致します。

2019-2020年度 事業方針

継続事業

  • キャリア教育
  • 子供の貧困支援事業
  • ガム取り大作戦

2019-2020年度 五大奉仕 事業方針

クラブ奉仕

  • 出席率向上
    楽しい例会 多数回座席指定 メーキャップ促進
  • 会員増強
    炉辺会談多数回開催。同好会の活発化
    純増5名の140名台安定 (RIの希望は、女性、40才以下を1名)
    学友会の追跡調査
  • 公共イメージ
    HPの更新 奉仕活動(カイロス・スリーグ)のPR・取材依頼
  • 親睦活動
    予算を増額して活発化
  • 学び
    卓話の厳選。地区出向者(9人)の卓話
    RLI in 福井(1.25.)の開催
    My Rotary の登録と活用・学習
  • 委員会活動
    予算化を継続し、予算を使用する委員会活動を計画
  • ガバナンス強化
    経理規定の周知と見直し 副会計の設置
    事務局ケア、定期的ヒアリング
    Faxでの連絡のE mail化を検討

職業奉仕

  • キャリア教育
    in 啓新高校の継続。教員(進路指導者)の参加を検討
  • 企業訪問
    2ヵ所(福井経編 10/10、北陸電力 6/11)で実施予定

社会奉仕

  • 諸団体との活動
    ドラゴン・リバー清掃  3/22 or 29
  • ガム取り大作戦
    5年目の区切りにて継続のための実施場所探し及び公共団体に引き継げないか検討

国際奉仕

  • 米山奨学
    グエン・ホアン・カンさん(ベトナム/県大4年生)の受入
  • 友好クラブ交流
    大分RCの来福(11/21)
  • 世界大会
    ハワイ/ホノルル(6/6~10)参加検討

青少年奉仕

  • 子供の貧困支援(カイロス・リーグ)
    インターンシップP(キャリア教育)2施設
    ガウディP(就業支援)2施設で2名に就業支援金実施
    BBQを養護施設の子供たちとで出来ないかの検討
  • RAC
    定款・細則/年齢制限延長の検討
  • IAC
    IAC例会報告 2回→1回/年。夏期研修(カンボジア) 8/1~5
  • RYLA
    参加要請 5/17~19

ロータリー財団

  • 地区補助金
    児童養護施設の子供たちに対する就労・自立支援プロジェクトの申請実施

2019-2020年度 組織構成

※印は兼務 入会順

国際ロータリー第2650地区  パストガバナー宮﨑 茂和

役員

会長林 正岳副会長清水 則明
直前会長渡邉 義信幹事清川 卓二
会計清水 正一会場監督石丸 敦士

理事

クラブ奉仕担当高木 義秀職業奉仕担当藤本 潤一
社会奉仕担当谷﨑 由美子国際奉仕担当橋本 泰久
青少年奉仕担当浅井 正勝ロータリー財団担当理事細江 究

監事

監事菅原 将高監事佐々木 知也

役員補佐

副幹事田畑 賢一  
副会計中広 久副会計渡辺 崇嗣
副会場監督野尻 章博副会場監督萬谷 宏治

委員会

委 員 会 委 員 長 副委員長 委 員
危機管理 林 正岳※ 清川 卓二※ 菅原 将高※、橋本 泰久※、佐々木 知也※、
清水 則明※、細江 究※、渡邉 義信※
清水 正一※、藤本 潤一※、石丸 敦士※
浅井 正勝※、 谷﨑 由美子※、高木 義秀※
クラブ奉仕担当理事 クラブ奉仕常任委員会 高木 義秀※ 増田 喜一郎※ 北島 恬※、加藤 幹夫※、佐々木 知也※、
小藤 幸男※、油谷 啓司※、上田 祐広※、
石丸 敦士※、鷲田 泰紀※、村上 与司和、
豊島 雅之※、山岸 靖夫、松田 将裕※
例会関連 出席奨励 油谷 啓司※ 伊藤 勗 宮﨑 茂和※、清水 慶造、
荒本 秀一、山内 鴻之祐
プログラム 松田 将裕※ 吉村 千春 宇野 良二、山本 道隆
親睦活動 増田 喜一郎※ 英 貴子
田中 秀也
白江 文夫

出雲路 康照、橋本 一也※、覺井 浩一※、
山本 恵、竹内 正美※、寺本 光宏※、
村田 長隆※、中山 浩成※、飯守 禅、
竹内 宏司、三浦 博樹、渡辺 一史、
小野田 亮、佐野 慎治、竹生 知子、
藤田 清彦、山川 泰弘、竹村 浩和、
橋本 典明、山野井 秀一

ニコニコ箱 鷲田 泰紀※ 堀内 康代 小谷 哲治、中島 良成、桑原 慎治、
竹内 正美※、寺本 光宏※、村田 長隆※
クラブ
広報関連
雑誌・文献 加藤 幹夫※ 市橋 信孝 山本 一雄、今村 善孝、片岡 正明
会報 村上 与司和※ 角谷 恒彦 北島 恬※、西澤 雄三、
覺井 浩一※、中山 浩成※
広報 上田 祐広※ 藤本 潤一※ 開発 毅※、稲田 朋美、萬谷 宏治※
会員関連 同好会
活動推進
山岸 靖夫※ 畑下 徳洋 鍋屋 昌明、前川 小百合※、初瀬川 達郎※
ロータリー
情報
佐々木 知也※ 平野 洋一※ 渡邉 義信※
職業分類 石丸 敦士※ 村中 洋祐※ 森川 圭造※
会員選考 小藤 幸男※ 大森 正男 岡田 章、吉岡 正巳、加藤 幹夫※、
山本 宝、渡辺 和男
会員増強 豊島 雅之※ 杉本 裕之 玉木 洋※、石橋 正人、
上田 祐広※、小林 満只※
規定・管理 北島 恬※ 清水 嗣能 野村 直之※、加藤 初夫、岩下 春幸、
山田 和徳※、木村 憲一
職業奉仕担当理事 職業奉仕常任委員会 藤本 潤一 浮田 愼太郎※ 長谷 美左子※
  職業奉仕 浮田 愼太郎 玉木 洋※ 奥村 隆司、齊藤 英夫、
片山 加奈子、中山 浩行
  キャリア
教育推進
長谷 美左子 荻原 昭人※ 佐々木 知也※、長田 裕美※、後藤 正邦※
社会奉仕担当理事 社会奉仕常任委員会 谷﨑 由美子 中広 久※ 小林 満只※
  社会奉仕 中広 久※ 岩﨑 新 酒井 哲夫、尾崎 隆伸、
横山 強志、小森 富夫※
  環境保全 小林 満只※ 加藤 誠 梅井 啓介、竹原 和行、酒井 孝
国際奉仕担当理事 国際奉仕常任委員会 橋本 泰久 前川 小百合※ 藤井 健夫※、辻 恵利子※
  国際奉仕 辻 恵利子 江守 康昌 山本 啓史、加藤 信一、開発 毅※
  友好双子
クラブ
藤井 健夫 城戸 利枝※ 吉田 清二、小森 富夫※、
片山 元、木下 勝元
  米山奨学 前川 小百合※ 伊藤 彰 須賀原 和広、黒川誠之、土肥 正彦
青少年奉仕担当理事 青少年奉仕常任委員会 浅井 正勝 清水 盛伸※ 椿原 徹也※、伊井 彌州雄※、長田 裕美※
  青少年奉仕 清水 盛伸 村中 洋祐※ 林 正岳※、清水 則明※、平野 洋一※、
渡邉 義信※、藤本 潤一※、森川 圭造※、
田畑 賢一※、前川 小百合※、
清川 卓二※、後藤 正邦※
  ローター
アクト
椿原 徹也 斉藤 信二 林 洋三
笹木 竜三
  インター
アクト
伊井 彌州雄 木瀬 雅博 北島 恬※、坂本 安夫、
荻原 昭人※、橋本 一也※
  青少年
交換学生
長田 裕美※ 伊藤 仁一郎 村井 勝、登谷 大修、
初瀬川 達郎※、西田 高宏
ロータリー財団担当理事 細江 究  
  ロータリー財団 後藤 正邦※ 山田 和徳※ 宮﨑 茂和※、野村 直之※、
城戸 利枝※、渡辺 崇嗣※
ソングリーダー 野尻章博(チーフ) 木瀬 雅博、角谷 恒彦、山岸 靖夫、
増田 喜一郎、松田 将裕

<米山奨学生カウンセラー>
前川 小百合